2020/06/30 (Tue) 06:22:12

無題 - 埼玉流れ者

少女に打撲、車の修理代80万以上要求 恐喝未遂容疑で男女3人逮捕 28日、佐賀南署など

6/29(月) 7:42配信 佐賀新聞

佐賀南署などは28日、恐喝未遂の疑いで住所不定、無職の男(20)=犯行時未成年=と、佐賀市の無職少女(17)、杵島郡白石町のアルバイト従業員の女(20)の3人を再逮捕した。再逮捕容疑は5月17日、共謀して佐賀市内の公園で、知人の10代少女の胸を押して頭に打撲を負わせるなどし、車の修理代として80万円以上を要求した疑い。同署によると、3人は18日、逮捕監禁容疑で逮捕=処分保留=されていた。

再逮捕の理由となった犯罪事実は「知人の10代少女の胸を押して頭に打撲を負わせるなどし、車の修理代として80万円以上を要求した」行為である。頭に打撲傷を負わせてお金をたかる行為は、恐喝罪にあたるし、その際ケガをさせた行為は傷害罪に当たる。つまり、一個の行為で恐喝罪(未遂)と傷害罪との二個の構成要件に該当するのだから、刑法54条1項前段の観念的競合にあたる。恐喝の法定刑は10年以下で傷害罪の法定刑は15年以下で傷害罪の方が重いので、傷害罪の法定刑15年が上限で、下限は両罪ともに1月なので結局1月以上15年以下の処断刑で宣告刑が言い渡される。ただ、逮捕監禁罪でも再起訴されれば、これと併合罪になるので、傷害罪の法定刑の上限と監禁罪の法定刑の上限の7年が比較されて、傷害罪が重いので、重い傷害罪の法定刑の上限が1.5倍されて22.5年が刑の上限、下限は監禁罪の3月が一番重いので結局、22.5年以下3月以上の処断刑の枠の中で宣告刑が言い渡される。凶悪さを感じる事件だが、懲役10年位を言い渡されて、刑務所で不自由な生活を強いられて(他者の人格尊重という意味での)護法への人格形成の必要性を学んで出所してきていただきたい。

2020/05/26 (Tue) 12:00:55

無題 - 自粛警察エージェント1号

賭けマージャン、黒川氏を告発 朝日新聞社員ら3人も
5/25(月) 22:48配信

朝日新聞デジタル

会見で抱負を述べる黒川弘務・東京高検検事長=2019年1月、東京・霞が関の検察庁
 東京高検の黒川弘務・前検事長(63)=22日付で辞職=が新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に産経新聞記者や朝日新聞社員と賭けマージャンをしていた問題で、岐阜県の弁護士らが25日、常習賭博の疑いで黒川氏と記者ら計4人に対する告発状を東京地検に郵送した。

 告発内容は、黒川氏ら4人は常習として5月1日と13日、産経記者の自宅で、マージャンをして金銭を賭けていたというもの。1回で現金のやりとりは数千円から2万円程度だったと指摘。4人は3年前から月に数回、同様の賭けマージャンをしていたとした。

 その上で「常習性は明らかで、賭け金も多額だ」と指摘。4人はいずれも「高度の倫理観を維持して、社会に範を示し、法律を遵守(じゅんしゅ)すべき立場にあることからすれば、違法性は極めて高い」と主張している。

 告発した岐阜県弁護士会の美和勇夫弁護士は「賭博の常習性があることは明らかだ」と話している。


賭けマージャンが刑法で禁止する賭博に該当することは言うまでもない。しかし、日常茶飯事のことではないか、という疑問も起こる。だから、検察・警察がお目こぼしにすれば逮捕されないが、警察・検察が目くじらを立てれば逮捕・起訴されるほそれがある。江戸時代からそうなのだ。幕末の博徒で有名な新門辰五郎が逮捕もされずに、将軍警護役まで務めたのは、ばくちをお目こぼしにしてもらっていたからだ。江戸時代は、ばくちなんかにいちいち目くじら立てるのは大人げないという思いが強かったのであろう。明治以降は賭博という行為よりも博徒という行為者が重要になった。博徒は、自由民権運動を指導する国内最強の軍事力とみられ山県有朋に警戒された。それゆえ、常習賭博という形で、半農半博だった博徒を取りれ締まり、反政府運動の動きを牽制したわけであるが、今日、軍事力としての博徒は幻想にすぎない。したがって、賭博や常習賭博を取り締まる意味はあまりない。ただ、常習とばく罪は、判例では、しばしば常習性の認定が問題となり、前科や短時日の複数賭博行為の存在がみとめられれば、常習性が認定されるのが現状である。
2020/02/21 (Fri) 19:54:15

(表示制限) -

この投稿は表示制限されています。
表示には管理者の承認が必要です。
2020/02/21 (Fri) 12:07:41

(表示制限) -

この投稿は表示制限されています。
表示には管理者の承認が必要です。
2020/02/21 (Fri) 01:39:40

(表示制限) -

この投稿は表示制限されています。
表示には管理者の承認が必要です。
2020/02/20 (Thu) 16:06:02

無題 - 中島広樹

「無理やり襲ってください」SNSで女子高校生になりすまし…男性に襲わせた疑い 26歳男を逮捕

SNSで女子高校生になりすまして「無理やり襲ってください」などと書き込み、男性に女子高校生を襲わせた疑いで、26歳の男が逮捕されました。
強制性交未遂の疑いで逮捕されたのは、京都市の会社員・奥瀬智成容疑者(26)です。 警察によりますと、奥瀬容疑者は地元のスポーツクラブの教え子だった女子高校生(当時17歳)を面識のない男性に襲わせようと考え、SNSで女子高校生になりすまして「レイプしてください。無理やり襲ってください」などと書き込みました。
そして、2018年10月と11月の2回にわたって、SNSの書き込みを信じ込んだ男性(当時34歳)に路上で女子高校生に後ろから抱きつくなどして襲わせた疑いが持たれています。女子高校生が抵抗したため、犯行は未遂に終わりました。奥瀬容疑者は、女子高校生が中学生のころからコーチをしており、高校生になってから「デートして」などと誘っていましたが、相手にされなかったということです。奥瀬容疑者は「私のやったことで間違いない」と容疑を認めています。
京都市内では他にも同様の事件が確認されていて、警察は余罪も含めて捜査する方針です。

馬鹿だね-。と言いたくなる事件だが、刑法的には、重要論点がある。奥瀬容疑者は、強姦未遂罪の教唆犯ではないかというである問題である。しかし、逮捕容疑は、強姦未遂罪であって(=強制性交未遂)、共犯容疑ではなく、ズバリ正犯容疑である。襲い掛かった奴(=正犯)は奥瀬容疑者ではない。奥瀬容疑者は教唆犯ではないか。教唆犯
が成立するためには、教唆犯が働きかけるべき正犯の犯罪は構成要件該当性・違法性まで備えていなくてはならない、という制限従属性説が今日の通説である。判例はさらに有責性まで備えていなくてはならないという極端従属性説である。ところがこの事例では、被害者はレイプを承諾(違法性阻却事由)していると抱き着き男は思い込んでいるので、抱き着き男には違法性阻却事由の錯誤がある。抱き着き男は、見知らぬ女に抱き着く認識はあるので見知らぬ人に抱き着いてもいいかという規範の問題に直面しているのだから、故意はありそしてそれに基づいて違法性の意識の可能性もあり、しかもそのような可能性を否定しうる相当の事情はない。よって、抱き着き男には
強姦罪の責任は否定されず、制限従属性説によれば、正犯は違法性まで備えているので、教唆犯が成立するはずである。したがって、背後社の奥瀬の罪を問うには、強姦罪の間接正犯に問うほかはない。この場合、抱き着き男は、法の期待に応じうるような規範的障害性はあるとみるべきなので、道具性はない。よって、故意ある道具として、奥瀬容疑者は、強制性交未遂罪の間接正犯となる。
2020/01/09 (Thu) 00:15:12

ホームページ上の削除依頼をされた方へ - 坂野賢司

平成国際大学を通じてご依頼をいただきましたホームページ上の画像と氏名の削除の件ですが、
画像に関しては関連するファイルの削除を行いましたので、平成法窓会自体のHPから削除されております。またキャスト&スタッフのリストに関してはこの組織が長い間休眠状態であったっため、私、個人のプロバイダーでHPを作成した時期がありまして、そのプロバイダーのHPの削除、解約依頼をしております。
2020/01/09 (Thu) 00:28:47
Re: ホームページ上の削除依頼をされた方へ - 坂野賢司
一応、googleの古いホームページを削除というページから検索削除の依頼も行っております。
2020/01/09 (Thu) 01:50:45
Re: ホームページ上の削除依頼をされた方へ - 中島広樹
坂野様
素早い対応誠にありがとうございました。様々な理由から削除依頼される方があるかと思いますが、平成法窓会は、氏名表示権や肖像権などの人格権を保護するための丁寧な対応を心がけておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2019/12/18 (Wed) 03:36:14

無題 - 青天井のクラウン

大阪 寝屋川事件 高裁「控訴取り下げは無効」 異例の決定

2019年12月17日 17時08分

4年前、大阪 寝屋川市の中学1年生の少年と少女を殺害したとして1審で死刑判決を受けたあとみずから控訴を取り下げていた山田浩二被告について、大阪高等裁判所は17日、控訴の取り下げを無効とする異例の決定を出しました。この判断が確定すれば山田被告の2審が開かれることになります。
山田浩二被告(49)は、平成27年8月、寝屋川市の中学1年生、星野凌斗さん(12)と平田奈津美さん(13)の2人を殺害した罪に問われ、1審の大阪地方裁判所で去年12月、求刑どおり死刑を言い渡されました。山田被告は判決を不服として控訴していましたが、ことし5月、拘置所の看守とトラブルになったことをきっかけにみずから控訴を取り下げる書面を大阪高等裁判所に提出し、受理されました。

これに対し山田被告の弁護士は「精神障害などの影響があり真意ではない」として取り下げを無効とするよう大阪高等裁判所に申し立てていました。

これについて大阪高等裁判所の村山浩昭裁判長は、控訴の取り下げを無効とする異例の決定を出しました。

その理由については「控訴を取り下げた経緯は通常ありえない、常識では考えがたいもので死刑判決を直ちに確定させるという極めて重大な結果をもたらすのに余りに軽率だ。取り下げを有効として1審判決に対する被告の不服に耳を貸すことなく直ちに確定させてしまうことに強い違和感と深いちゅうちょを覚える。今回にかぎり、控訴取り下げを無効として審理を再開・続行するのが相当だと判断した」としています。

この判断が確定すれば山田被告の2審が開かれることになります。
大阪高検「予想外の決定」山田被告の控訴の取り下げを裁判所が無効と判断したことについて大阪高等検察庁の畝本毅次席検事は「予想外の決定だ。上級庁と協議して、適切に対応する」とコメントしています。


星野さん母親の代理人「被害者の苦しみや負担 理解を」
山田被告の控訴の取り下げを無効とする決定について、亡くなった星野凌斗さんの母親の代理人を務める奥村昌裕弁護士は、母親本人はコメントを控えるとしたうえで、「裁判所の法的判断にはコメントできません。しかし、この決定によって、再び子どもの命を奪った犯人と向き合わなければならない被害者の苦しみ、負担を理解していただきたい」と話しています。
平田さんの遺族代理人「遺族は懸念」
亡くなった平田奈津美さんの遺族の代理人を務める平瀬義嗣 弁護士は遺族のコメントは特にないとしたうえで、「この1年間は被告に振り回されてきたという印象を受ける。平田さんの遺族も、いったんは被告がみずからの罪を受け入れたと安どしていたが、不安定な立場に置かれることになった」と話しています。
そして2審であらためて審理される可能性が出てきたことについて「遺族は裁判員裁判での死刑判決が上級審で覆されるケースが続いているため、1審の判決が維持されるか懸念を示している」と話しています。

刑事訴訟法359条は上訴権者による上訴の放棄、上訴の取り下げを認めている。しかし、死刑判決・無期懲役・禁錮の判決に対する上訴の放棄は認められていない(刑訴法360条の2)。360条の2は、上訴者が軽率に命を捨てたり一生を棒に振る危険を回避するための規定であろう。それから推求すると、死刑判決の控訴取り下げも慎重でなくてはならず上記のような経緯で、衝動的に自棄的に取り下げた観のある場合には、裁判所は、制度の趣旨にかんがみて公権的見地からも無効とすべきである。被害者遺族らは反対するであろうが、公刑罰は私刑や復讐ではない。よく犯罪者を道義的に改心させ、そのうえで死刑や無期刑を受け入れるようにしなくてはならない(人格形成責任論)。
2019/12/14 (Sat) 21:21:36

無題 - 平国歌撃団

大阪府警の警察官、女子中学生殴る 傷害容疑で逮捕

2010/12/25付
大阪府警は25日、大阪市住之江区の路上で女子中学生の顔面を平手で殴り、けがをさせたとして、池田署地域課巡査長、中山富美男容疑者(51)=同区新北島2=を傷害容疑で現行犯逮捕したと発表した。
逮捕容疑は24日午後10時5分ごろ、同区新北島1の路上で、中学3年の女子生徒(15)の右顔面を左の平手で1回殴り、唇を切るなどのけがをさせた疑い。女子生徒は帰宅するため学習塾前の路上に出てきたところで、講師(29)が同容疑者を取り押さえ、110番通報した。
府警に対し、中山容疑者は「歩道を歩いていたら女子中学生が自転車を押して飛び出してきて接触しそうになり、腹が立って殴った」と供述。同容疑者はこの日は休みで、夕方から1人で大阪市内で飲酒し、帰宅途中だったという。
第195条(特別公務員暴行陵虐罪)
1.裁判、検察若しくは警察の職務を行う者又はこれらの職務を補助する者が、その職務を行うに当たり、被告人、被疑者その他の者に対して暴行又は陵辱若しくは加虐の行為をしたときは、7年以下の懲役又は禁錮に処する。
2.法令により拘禁された者を看守し又は護送する者がその拘禁された者に対して暴行又は陵辱若しくは加虐の行為をしたときも、前項と同様とする。
この中学生は被告人や被疑者ではない「その他の者」に該当する。自転車の飛び出しについて、職務質問したところ、相手の態度がデカかったので腹が立って殴ったようだ。詳細はわからないが、たぶん女子中学生から「何やお前、安月給のポリ公やないか。偉そうにしてると今にバチあたるで」とか言われて腹が立ったと想像される。警察官は、正当な職務行為や正当防衛の要件の備わった場合にしか実力行使できないはずである。なお、陵虐とは暴行以外の虐待行為をいう(眠らせないで取り調べを行うなど)

2019/12/14 (Sat) 00:34:29

無題 - 中島広樹

坂野様
ご多忙中、第7回模擬裁判のパンフレットの内容をアップしていただきどうもありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。