2018/02/20 (Tue) 17:39:08

第7回模擬裁判 完結のお知らせ - 平成法窓会代表 寺田雄太

先ほど、中島先生がチラシ、パンフレットを毎年印刷してくださっているピア21さんに印刷代金を支払い、これにて第7回模擬裁判が完結致しました。

随分完結まで長かったな…と思われた方、いらっしゃると思います。
大変遅くなりました。

これで私も、代表としての役目を果たしましたが、3月の卒業及び次回の代表が決まるまでは、一代表として努めさせていただきたいと思います。

改めてピア21さん、いつもお世話になっております。
今年度も本当にありがとうございました。

また次回もよろしくお願い致します。
2018/02/20 (Tue) 20:22:23
Re: 第7回模擬裁判 完結のお知らせ - 中島
寺田君 2年間、ほんとうに長い間ご苦労様でした。意外に多くの人たちが今年の模擬裁判を期待してくれてます。何とか第8回につなげてゆきましょう!今年は、今までにも増して社会性・話題性のある模擬裁判をめざしたいですね。
2018/02/17 (Sat) 09:39:42

詐欺師ペテン師熱海インチキセミナ南澤兼雄に騙されるな - 熱海南澤兼雄

インチキオヤジ
2018/02/17 (Sat) 00:23:20

ゼミ合宿の写真について - 平成法窓会代表 寺田雄太

夜分に失礼します。
ゼミ合宿の写真ですが、まだまだたくさんありますので、明日少しずつ載せていきます。

乞うご期待。
2018/02/15 (Thu) 22:46:49

無題 - むんさんはつらいよ 平昌慕情


体罰容認、大人の過半数 子育て中の親7割「経験あり」


2/15(木) 18:36配信

朝日新聞デジタル



 子どもへの体罰を大人の6割近くが容認していることが、子どもを支援する公益社団法人「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」の調査でわかった。子育て中の親の約7割は実際に体罰の経験があり、調査担当者は「軽い体罰から問題が深刻化する事例もある。体罰をなくすことが虐待予防にも重要だ」と指摘する。

 調査は昨年7月、全国の20歳以上の男女で子どもがいる1万人、子どものいない1万人の計2万人にインターネットで実施した。

 「しつけのために、子どもに体罰をすることに対してどのように考えますか」との問いに「積極的にすべきだ」の回答が1・2%、「必要に応じてすべきだ」が16・3%、「他に手段がないと思った時のみすべきだ」が39・3%で、計56・7%が体罰を容認した。

 容認する具体的な体罰は「お尻をたたく」が69・3%で最多だった。「手の甲をたたく」の65・5%、「ほおを平手でたたく」の30・7%が続いた。「ものを使ってたたく」は11・1%、「拳で殴る」は9・4%、「加減せずに頭をたたく」は8・1%が容認した。

 また、18歳以下の子どもがいる回答者から1030人を抽出して追加で調べたところ、70・1%がしつけとして子どもをたたいたことがあるとした。「子どもの言動に対してイライラする」「孤独を感じる」「育児、家事、仕事の両立が難しいと感じる」といった悩みを日常的に抱えている親ほど、経験があった。

 同法人は、体罰によらない子育てを学ぶ研修などを、地方自治体で実施すべきだと提言した。(西村圭史)

実は、この種の世論調査すると常に6割くらいは条件付き体罰賛成派です。それでいながら、体罰事件が発覚すると決して体罰教師の擁護はしてくれません。嗚呼、かわいそうな熱血体罰教師!! ああああああ!!!!
2018/02/15 (Thu) 21:53:06

ゼミ合宿 写真 - 平成法窓会代表 寺田雄太

こんばんは。先日行われたゼミ合宿の写真を何枚か載せていきます。

まずは集合写真。今年は3年生も大勢参加したので合計で50人ぐらい参加しました。かなりしっちゃかめっちゃかな感じになってます(笑)
2018/02/15 (Thu) 22:41:59
Re: ゼミ合宿 写真 - 中島
寺田君
中島ゼミのゼミ合宿写真の添付ありがとう。20年くらい前の中島ゼミでは、35人くらいが最高値でしたが今年はついに50人になってしまいました。残念ながらケガや就活等で3人不参加でした。この3人加わっていれば52名でした。バスは補助席入れて60人収容可能でしたのでギリギリでした。来年はフルで45人くらい。それでも異常に多い。OBの方も加わってほしいですね。
2018/02/15 (Thu) 21:57:52

ゼミ合宿 写真 - 平成法窓会代表 寺田雄太

続いては食事風景。

右側でメロイックサインをしているのが代表の僕です(笑)
左の2人は同じ部屋の仲間たち。

とてもいい奴らです。
2018/02/09 (Fri) 02:46:07

無題 - 続・むんさんはつらいよ 

借金未返済に「金払うか指詰めるか」、傷害などの疑いで男逮捕
2/9(金) 0:01配信

 知人の男性が借金を返済しないことに腹を立てて脅迫し、男性に指を切断させたとして、不動産管理業の男が警視庁に逮捕されました。

 傷害などの疑いで逮捕されたのは、福島県郡山市の不動産管理業・太田正吾容疑者(51)です。太田容疑者は2015年8月、東京・武蔵村山市にある倉庫で、自動車修理会社の役員の男性(45)に対し、「金を払うか指を詰めるかどっちかにしろ」などと脅し、男性に左手の小指を切断させた疑いがもたれています。男性は、太田容疑者からおよそ2000万円の借金があり、返済が滞っていたということです。

 太田容疑者は、「指を落とせと言ったことはあるが、本当にやるとは思わなかった」と供述しているということです。(08日14:40)

借金返済されないと、イラッとくるのはわかるけど。これは、「指を落とせと言ったことはあるが、本当にやるとは思わなかった」という供述通りだとすると、暴行・傷害の故意がないので、恐喝未遂罪か脅迫罪となる。この場合、実際に行使しうる債権があって、しかも一般人が認容しうる程度の脅迫であれば恐喝未遂罪ではなく、単なる脅迫罪であろう(最判昭30・10・14刑集9・11・2173)。しかし、本件では、借金を返さない被害者にカッときて思わず言ってしまった借金返済請求に伴う定番のセリフと誰しも思うだろうから、恐喝未遂ではなく、せいぜい脅迫罪。そして、形式的には脅迫だとしても実質的には明白に微罪だから、刑事手続上は警察レベルの厳重注意で終わりではないか。本当に被害者が指を切り落とすという認識認容があれば傷害罪。つまり、被害者自身を利用する間接正犯としての傷害罪。判例をみると、暴行・脅迫を加え「命が惜しければ指を歯で噛んでつめろ」と命じて、被害者にその通りにさせた事案に傷害罪を認めたのが鹿児島地判昭59・5・31判タ531・251。







最終更新:2/9(金) 0:01

2018/02/07 (Wed) 13:36:11

ゼミ合宿 - 平成法窓会代表 寺田雄太

昨日から先ほどにかけて、鬼怒川温泉にてゼミ合宿を行いました。
みなさん本当にお疲れ様でした。

思えば、入学直後に行われたFOCも鬼怒川でした。
鬼怒川に始まり鬼怒川に終わる。

これも何かの縁でしょうか。

とても楽しかったです。
そしてとてもゆっくりできました。

そして本日は晴天なり…
早く暖かくなりますように。
2018/02/09 (Fri) 02:16:03
Re: ゼミ合宿 - 中島
本当は、恒例の草津温泉でしたが、元白根山の噴火があり保護者の皆さんが心配すると思い、急遽鬼怒川にきりかえました。同じ温泉街だし、同じおおるりグル-プに属するホテルなのでホテルおおるりグル-プ全体には損失はないだろうということで余り躊躇せずに変更できました。4年生の皆さんにとっては1年生4月に行ったFOCと同じ鬼怒川でした。寺田君おっしゃるとおり鬼怒川で始まり鬼怒川で終わる学生生活でしたね。
2018/02/09 (Fri) 02:24:26
Re: ゼミ合宿 - 中島
追伸

寺田君、よろしければ鬼怒川のゼミ合宿の写真何枚かはってくれますか。平成法窓会の中核の中島ゼミの様子が一目瞭然になると思いますので。最近、平成法窓会の外郭をなしてくれそうな学生団体として新たに「友友会(ゆうゆうかい)」が1年生によって設立され、私が顧問となりました。これで、私は総映部・七法会・スポ-ツサ-クルについで4つめの顧問に就任したわけです。ますます「ひとりブラック」です。
2018/02/06 (Tue) 06:46:48

スパムメールの脅威が忍びよる - うさぎ777

スパムメールの脅威が忍びよる

http://park.geocities.jp/jpcdebate/0203/p035.html#page234

なぜスパムメールが来るのか、どうしてもわからなかった。

( http://sky.geocities.jp/datepedia/02/update.html )

( http://book.geocities.jp/japans_conspiracy/01/p007.html )

( http://park.geocities.jp/j_con4/0104/p044.html )

( http://book.geocities.jp/japans_conspiracy/01/p007.html )

( 個人的意見 )
2018/01/31 (Wed) 04:09:33

無題 - 座頭ランプ 血煙街道

 東京都教育委員会は30日、男子児童が嘔吐(おうと)するまで無理やり給食を食べさせるなどしたとして、区立小の女性教諭(40)を同日付で戒告処分とした。

 都教委によると、女性教諭は2014年1月、欠席者が多く給食が余っていたため、児童全員にお代わりを指示。男子児童の一人が「もう食べられません」と訴えたが、「食べなさい」と無理やり食べさせ、嘔吐させた。また13~14年、複数の児童に「学校に来なくていい」「最低だね」などと暴言を吐いたり、級友から鉛筆を盗んだと疑われた男子児童に対し、事実確認を十分に行わず「とったんじゃないの」と決めつけたりした。調査の結果、鉛筆は拾ったものだった。

 また都教委は同日付で、勤務校の男子生徒にスマートフォンのアプリで「抱きしめて」などとメッセージを送り、遊園地の観覧車内でキスするなどした区立中の女性教諭(43)ら3人を懲戒免職処分とした。【芳賀竜也】

男子児童の一人が「もう食べられません」と訴えたが、「食べなさい」と無理やり食べさせ、嘔吐させた。→ 刑法223条の強要罪です。刑法204条の傷害罪の成立も可能
戒告処分は、行政法上の責任追及。刑事法上は、強要罪で3年以下の懲役。罰金刑は法定刑として予定されていない。傷害罪なら、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金。民事法上は、不法行為なので50万円くらいの損害賠償を親権者は請求してもよいのでは。